通常,医師が施用する注射薬は,処方せん調剤には馴染みません。しかし,在宅医療においては,医師が処方せんを発行し,薬局が注射薬を調剤して患者宅に届け,医師の指示を受けた訪問看護師等が施用することで効率的に注射を実施できることがあります(下図参照)。
 このサイトでは、厚生労働省補助事業「平成29年度患者のための薬局ビジョン推進事業」において、鈴鹿市医師会様、亀山医師会様と連携して作成した「注射薬処方せんの記載について」-安全・安心な注射薬投与のために-の概要を掲載しています。先生方が注射薬の処方箋発行を検討されるときに参考していただければ幸いです。

iryorenkei

  また、在宅患者訪問薬剤管理指導または(介護予防)居宅療養管理指導を行っている薬局が注射薬の処方箋調剤を行うと、処方薬を円滑に患者様宅に届けることができます。注射薬処方せんを発行される在宅患者様につきましては,可能な限り,訪問薬剤管理指導の指示をお願いします。
 在宅患者訪問薬剤管理指導または(介護予防)居宅療養管理指導は,注射薬だけでなく内服薬や外用薬の供給においても,在宅患者及びその家族をはじめ,在宅医,訪問看護師等の皆さまをサポートする有益で効率的なシステムです。

 是非とも,訪問薬剤管理指導をご活用ください。
 詳細は、「注射薬処方せんの記載について‐安全安心な注射薬投与のために‐(処方医師編)」をダウンロードしてご確認ください。
 また、処方せんの記載について,厚生労働大臣が定める保険医が投与することができる注射薬;処方せん交付可,鈴鹿亀山薬剤師会の通常備蓄医薬品,薬局(薬剤師)への診療情報の提供について,訪問薬剤管理指導と注射薬院外処方Q&A,注射薬処方せんの記載事例の個別項目は,下段に掲載していますので,適宜ご確認ください。

DownLoad 注射薬処方せんの記載について-安全・安心な注射薬投与のために-(医師編)PDF

処方せんの記載について

次頁に麻薬の注射薬処方せんの「記載例」を例示しました。
以下の記載は,健康保険法に基づく通知「処方せんの記載上の注意事項」に基づく注射薬関連の処方欄及び備考欄の注意事項です。

1 「処方」欄について

投薬すべき医薬品名,分量,用法及び用量を記載し,余白がある場合には,斜線あるいは「以下余白」の記載等により余白である旨を表示すること。
(1) 医薬品名は,一般的名称に剤形及び含量を付加した記載(以下「一般名処方」という。)又は薬価基準に記載されている名称による記載とすること。なお,可能な限り一般名処方を考慮することとし,一般名処方の場合には,会社名(屋号)を付加しないこと。
 なお,薬価基準に記載されている名称を用いる場合,当該医薬品が,薬価基準上,2以上の規格単位がある場合には,当該規格単位をも記載すること(記載例の注1)
 また,保険医療機関と保険薬局との間で約束されたいわゆる約束処方による医薬品名の省略,記号等による記載は認められないものであること。(2) 分量は,注射薬ついては投与総量を記載すること(記載例の注2)
(3) 用法及び用量は,1回当たりの使用量,1日当たり使用回数及び使用時点,投与日数(回数)並びに使用に際しての留意事項等を記載すること(記載例の注3)
(4) 特定保険医療材料(自己注射に用いる自己注射用ディスポーザブル注射器(針を含む。),万年筆型注入器用注射針,自己連続携行式腹膜灌流に用いる腹膜透析液交換セット,在宅中心静脈栄養法に用いる在宅中心静脈栄養用輸液セット,在宅成分栄養経管栄養法に用いる在宅寝たきり患者処置用栄養用ディスポーザブルカテーテル又は携帯型ディスポーザブル注入ポンプ)を保険薬局より支給させる場合は名称及び本数又はセット数を記載すること(記載例の注4)

2 「備考」欄について

(1) 麻薬を処方する場合には,麻薬取締法第27条に規定する事項のうち,患者の住所及び麻薬施用者の免許証の番号を記載すること(記載例の注5)
(2) 訪問薬剤管理指導(在宅患者訪問薬剤管理指導,(介護予防)居宅療養管理指導)を依頼する場合は,「訪問指示」等と記載すること(記載例の注6)
 注射処方せんを交付するときは,在宅患者が多いと思いますので,訪問指示に併せて,診療情報(薬局宛てB009診療情報提供料(Ⅰ)下段の資料参照)の提供をお願いします。

inje-kansa

厚生労働大臣が定める保険医が投与できる注射薬

下段のサイトでご確認ください。

「保険医が投与(処方せん調剤)できる注射薬」サイトへ

鈴鹿亀山薬剤師会の通常備蓄注射薬

 鈴鹿亀山薬剤師会では,次の注射薬を通常備蓄していますので小分け購入や院外処方薬としてご活用ください。
 なお,通常備蓄注射薬は,鈴鹿市医師会の在宅登録医会及び地域の中核医療機関を対象とした注射薬実態調査及び保険医療機関及び保険医療養担当規則第20条の四注射のロ「注射を行うに当たっては,後発医薬品の使用を考慮するよう努めなければならない」との規定を踏まえて選定しました。
 これ以外の注射薬(C104 在宅中心静脈栄養法指導管理料及びC108 在宅悪性腫瘍等患者指導管理料等で使用する注射薬を含む)を院外処方されるときは,処方先の薬局と連携して対応していただきますようお願いします。
 不明な点があるときは,薬剤師在宅訪問サポート相談窓口に照会してください(Q&AのQ3 15頁参照)。

1.維持(3号)液:(後発)ソルデム3A輸液500mL

【先発品】
ソリタ-T3号輸液
【後 発】
YD-ソリタ-T3号輸液,ハルトマン-G3号輸液,ヒシナルク3号輸液,ユエキンキープ輸液
【効能又は効果】
経口摂取不能又は不十分な場合の水分・電解質の補給・維持
【用法及び用量】
通常成人,1回500~1000mLを点滴静注する。投与速度は通常成人1時間あたり300~500 mL,小児の場合,1時間あたり50~100 mLとする。なお,年齢,症状,体重により適宜増減する。

2.末梢静脈栄養用輸液製剤:ビーフリード輸液500mL

【効能又は効果】
下記状態時のアミノ酸,電解質,ビタミンB1及び水分の補給
・経口摂取不十分で,軽度の低蛋白血症又は軽度の低栄養状態にある場合
・手術前後
【用法及び用量】
用時に隔壁を開通して上室液と下室液をよく混合する。通常,成人には1回500mLを末梢静脈内に点滴静注する。投与速度は,通常,成人500mLあたり120分を基準とし,高齢者,重篤な患者には更に緩徐に注入する。
なお,年齢,症状,体重により適宜増減するが,最大投与量は1日2500mLまでとする。

3.注射用抗菌薬:(後発)セフトリアキソンナトリウム点滴用1gバッグ

【先発品】
ロセフィン点滴静注用1gバッグ
【効能又は効果】
<適応菌種>
セフトリアキソンに感性のブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,淋菌,大腸菌,シトロバクター属,クレブシエラ属,エンテロバクター属
セラチア属,プロテウス属,モルガネラ・モルガニー,プロビデンシア属,インフルエンザ菌,ペプトストレプトコッカス属,バクテロイデス属
プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く)
<適応症>
敗血症,咽頭・喉頭炎,扁桃炎,急性気管支炎,肺炎,肺膿瘍,膿胸,慢性呼吸器病変の二次感染,膀胱炎,腎盂腎炎,精巣上体炎(副睾丸炎)
,尿道炎,子宮頸管炎,骨盤内炎症性疾患,直腸炎,腹膜炎,腹腔内膿瘍,胆のう炎,胆管炎,バルトリン腺炎,子宮内感染,子宮付属器炎,子宮旁結合織炎,化膿性髄膜炎,角膜炎(角膜潰瘍を含む),中耳炎,副鼻腔炎,顎骨周辺の蜂巣炎,顎炎
【用法及び用量】
○成人
1.通常,1日1~2g (力価) を1回又は2回に分けて静脈内注射又は点滴静注する。
2.難治性又は重症感染症には症状に応じて1日量を4g (力価) まで増量し,2回に分けて静脈内注射又は点滴静注する。
3.淋菌感染症については,下記の通り投与する。
1)咽頭・喉頭炎,尿道炎,子宮頸管炎,直腸炎:通常,1g (力価) を単回静脈内注射又は単回点滴静注する。
2)精巣上体炎(副睾丸炎),骨盤内炎症性疾患:通常,1日1回1g (力価) を静脈内注射又は点滴静注する。
○小児
1.通常,1日20~60mg (力価)/kgを1回又は2回に分けて静脈内注射又は点滴静注する。
2.難治性又は重症感染症には症状に応じて1日量を120mg(力価)/kgまで増量し,2回に分けて静脈内注射又は点滴静注する。
○未熟児,新生児
1.通常,生後0~3日齢には1回20mg (力価)/kgを1日1回,また,生後4日齢以降には1回20mg (力価)/kgを1日2回静脈内注射又は点滴静注する。
2.難治性又は重症感染症には症状に応じて1回量を40mg(力価)/kgまで増量し,1日2回静脈内注射又は点滴静注する。ただし,生後2週間以内の未熟児・新生児には1日50mg (力価)/kgまでとする。
注1)バッグ品の投与に際しては,用時,添付の溶解液にて溶解し,静脈内に点滴注射する。
注2)点滴静注は30分以上かけて静脈内に注射すること。
注3)本剤を投与する場合は,カルシウムを含有する注射剤又は輸液と同時に投与しないこと。[国外において,新生児に本剤とカルシウムを含有する注射剤又は輸液を同一経路から同時に投与した場合に,肺,腎臓等に生じたセフトリアキソンを成分とする結晶により,死亡に至った症例が報告されている。]カルシウムを含有する注射剤又は輸液との配合により混濁等の変化が認められたとの報告があるので,配合しないこと。

薬局(薬剤師)への診療情報の提供について

 医科点数表のB009 診療情報提供料(Ⅰ)では,注3で保険医療機関が,保険薬局に対して,診療状況を示す文書を添えて,当該患者に係る在宅患者訪問薬剤管理指導に必要な情報を提供した場合に,患者1人につき月1回に限り250点を算定するとなっています。

一方,調剤報酬点数表の第2節 薬学管理料の「15 在宅患者訪問薬剤管理指導料」では,医師の指示に基づき,保険薬剤師が,処方医から提供された診療状況を示す文書等に基づき薬学的管理指導計画を策定し,患家を訪問することとなっています。
従いまして,先生方が診療に基づき保険薬局に在宅患者訪問薬剤管理指導を指示する場合,当該保険薬局に,診療情報を提供していただきますようお願いします。また,薬学的管理指導計画は少なくとも1月に1回は見直す必要があることから,できれば,診療に基づき毎月提供していただきますようお願いします。
 B009診療情報提供料(Ⅰ)の算定要件をまとめると,以下のとおりです。
 ① 保険医療機関が,診療に基づき在宅患者訪問薬剤管理指導又は(介護予防)居宅療養管理指導の必要を認めた保険薬局に対して,当該在宅患者の同意を得て,診療状況を示す文書を添えて,在宅患者訪問薬剤管理指導に必要な情報を提供すること
 ② 保険薬局に提供する文書の様式は,別紙様式11又はこれに準じた様式(12頁及び13頁参照。別の様式とすることも可能です。)とすること
③ 交付した文書の写しは,診療録に添付すること
④ 患者一人につき月1回に限り算定できること

注)B009診療情報提供料(Ⅰ)の注3(医療機関から薬局への在宅患者訪問薬剤管理指導にかかる情報提供)については,同一月に医師による居宅療養管理指導費・介護予防居宅療養管理指導費が算定されている場合は算定不可となりますので,ご注意ください。(B009注2及び注13の加算についても同様です)(平成28年3月25日付け保医発0325第8号厚生労働省保険局医療課長通知「医療保険と介護保険の給付調整に関する留意事項及び医療保険と介護保険の相互に関連する事項等について」の一部改正について)

医科診療報酬点数表の別紙様式11に準じた様式2例を掲載しますが,この様式に限るのもではありませんので,必要に応じてご利用ください。

download 診療情報提供書(Ⅰ)word

訪問薬剤管理指導と注射薬院外処方Q&A

下段の薬剤師在宅訪問サポートQ&Aサイトをご覧いただくほか、詳細なQ&Aは一括ダウンロードの冊子でご確認ください。

「薬剤師在宅訪問サポートQ&A」サイトへ

注射薬処方せんの記載事例

記載事例1:中心静脈栄養(TPN)キット製剤への混注(記載事例2:同簡易版)、記載事例3:麻薬(モルヒネ)持続皮下注(記載事例4:同簡易版)、記載事例5:末梢静脈栄養(PPN)輸液製剤(記載事例6:同簡易版)、記載事例7:電解質輸液維持(3号)液(記載事例8:同簡易版)、記載事例9:抗菌薬(セフトリアキソン)点滴静注用バッグ(記載事例10:同簡易版)を例示しています。簡易版の処方は、薬剤師が必要な内容を確認するときがあります。ご協力をお願いします。

download 注射薬処方せん記載事例word

HOMEへ戻る