第33回鈴鹿市救急・健康フェアの概要

 鈴鹿市では、『市民がすこやかにずっと笑顔でかがやいて、より活力のある生活をしていくために必要な「健康管理・健康づくり」への意識を啓発し、また「健康」を基軸とした救急への意識を高めていくことを期待する。』ことを主旨に市内の救急・健康関連の団体の協力を得て「救急・健康フェア」を開催しています。鈴鹿亀山薬剤師会は中北薬品株式会社四日市支店の協力を得て2019年度も参加しました。
1.開 催 日:令和元年9月15日(日) 12時30分~16時
2.開催場所:鈴鹿医療科学大学 白子キャンパス4号館講義室1 鈴鹿市南玉垣町3500-3
3.出展内容
(1) お薬手帳の利用促進
(2) かかりつけ薬局・薬剤師在宅訪問等の啓発
(3) お薬相談・健康相談・・・5名から相談
(4) お子様の薬局体験コーナー(小学生以下対象)・・・75名参加
(5) 健康チェックコーナーの開催
①骨ヘルスチェック「骨ウェーブ」・・・95名参加
②ココロとカラダのバロメーター「ボディチェッカー」・・・45名参加
③脂肪率・筋肉率・骨・水分量が測定できる「ボディプランナー」・・・85名参加
④歩くだけで歩行状態と運動機能を測定する「ロコモ測定」)・・・60名参加  計365名参加 
4.参加スタッフ
浮氣良太(ハロー薬局鈴鹿店)、佐野怜美(あさひ調剤薬局)、杉浦裕子(杉浦薬局県道店)、田中俊輔(たいよう調剤薬局桜島店)、中澤直美(鈴鹿センター薬局)、藤本宜子(かんべ駅前薬局)、丸山清子(しろにし薬局)、米山裕司(鈴鹿センター薬局)、吉田眞澄(トミヤ薬局)、若生美樹(西条調剤薬局)、南部和明他5名(中北薬品株式会社四日市支店)、山口宏(鈴鹿亀山薬剤師会)、山口哲夫(鈴鹿亀山薬剤師会)
5.参加団体
  鈴鹿亀山薬剤師会、 鈴鹿市医師会、鈴鹿歯科医師会、三重県歯科衛生士会鈴鹿亀山支部、鈴鹿の地域医療を応援する会、鈴鹿全地域包括支援センター、三重県地域活動栄養士連絡協議会鈴鹿支部、三重県看護協会鈴鹿支部、鈴鹿市食生活改善推進協議会、鈴鹿市骨粗鬆症ネットワーク、鈴鹿亀山地区訪問看護ステーション連絡協議会、社会福祉法人サムス会、三重県鈴鹿保健所、鈴鹿医療科学大学、鈴鹿市スポーツ推進委員協議会、鈴鹿市消防本部・鈴鹿市消防団、鈴鹿市健康づくり課

薬剤師会の活動風景

こども薬局体験受付風景!
可愛い薬剤師さんが調剤中!
ヘルスチェックと丁寧な説明!
ロコモ測定中!

HOMEへ戻る