令和元年度災害医療に関する情報伝達訓練の実施について!

 10月31日に開催された鈴鹿亀山地域災害医療対策部会(鈴木 雅博理事出席)において、鈴鹿保健所から「災害時情報伝達訓練の実施」について依頼がありました。
 下記の要領により実施いたしますので、ご報告のほどよろしくお願いいたします。

 なお、鈴鹿保健所での実施要領では、三師会では会員からの報告を前倒しして別日に行うこととなっていますので、会員から鈴鹿亀山薬剤師会への報告期間は令和元年11月11日(月)8時30分から同年11月12日(火)12時00分までとなっています。(訓練想定は、11月12日(火)13時に発生となっていますので、その後の報告と想定してください。)

                        記

令和元年度 災害医療に関する情報伝達訓練 鈴鹿亀山薬剤師会実施要領(一般社団法人鈴鹿亀山薬剤師会)
1.内容及び目的
  鈴鹿保健所が実施する「令和元年度 災害医療に関する情報伝達訓練」に参加し、大規模災害等非常時における迅速的確な情報伝達体制の確認・検証を行う。
2.実施日時
(1)会員から鈴鹿亀山薬剤師会への報告
   令和元年11月11日(月)8時30分から同年11月12日(火)12時00分まで
(2)鈴鹿亀山薬剤師会と鈴鹿保健所との情報伝達訓練
   令和元年11月12日(火)13時00分から同年11月13日(水)まで
   ※ 11月13日(水)は情報のフィードバックのみ行う。
3.訓練想定
(1)シナリオの概要
  令和元年11月12日(火)13時、熊野灘を震源とするマグニチュード8.6の地震(過去最大クラスの南海トラフ地震)が発生し、四日市市、鈴鹿市では震度6強を観測するなど、県内各地で以下の震度を観測した。

注)訓練想定は、11月12日(火)13時となっていますが、三師会は報告を前倒しで実施するため発生後の報告と想定してください。

  震度7   志摩市、南伊勢町、熊野市、御浜町ほか
  震度6強  四日市市、鈴鹿市、津市、松阪市、伊勢市、鳥羽市ほか
  震度6弱  桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、菰野町、朝日町、川越町、亀山市、伊賀市、名張市ほか
  同日13時03分、伊勢湾及び三河湾、三重県南部に大津波警報が発令された。
  県内各地には、地震による揺れや津波、液状化、開催等により人的被害、建物被害が多数発生しているほか、道路施設等にも被害が発生している模様。
  同日13時05分、三重県及び県内各市町に災害対策本部が設置され、応急災害対策活動が開始された。
  想定時間は、概ね発災から地域の医療体制が確立するまで。
(2)被害想定
   三重県地震被害想定調査(平成26年3月)による。
4.情報伝達訓練の実施細目
(1)報告期間(下記の時間帯に報告してください)
   令和元年11月11日(月)8時30分から11月12日(火)12時00分までの間
(2)報告内容
   会員薬局は、想定される薬局の被災状況(各薬局で自由に想定してください)について薬剤師会事務局に報告する。
(3)会員薬局への周知
   訓練実施日前に会員薬局に文書で事前に周知する。また、訓練前日:11月11日(月)19時以降に、再度、確認のため会員にFax送信を行う。(4)会員薬局からの連絡
  ① 会員薬局は、電話使用不可を想定し、会HP(https://www.reikiyaku.or.jp)の「薬局被害等調査・報告書)」により報告する。(詳細は下段参照)
  ② ①による報告が困難な場合は、添付の「調査報告様式3」によりFax(事務局:059-381-2234)送信する。
(5)事務局の対応
   事務局は、令和元年11月12日(火)13時00分から会員からの報告をとりまとめ、同日15時までに保健所および会災害対策委員会に報告する。
(6)情報のフィード-バック
   保健所から事務局にフィードバックされた情報は、災害対策員会と情報共有する。
5.その他
  訓練の実施方法の詳細については、会ホームページの注目情報に掲載する。

会ホームページ(https://www.reikiyaku.or.jp)からの報告方法

(練習用の報告は、11月9日(土)中まで可能です)


(1)インターネット画面でアドレス(https://www.reikiyaku.or.jp/)を入力して、改行してください。
   ※インターネットエクスポーラーなどの検索サイトで「鈴鹿亀山薬剤師会」を検索し、旧ホームページが表示されたときは新ホームページに移行してください。

homepage11

(2)次の画面が立ち上がりますので、画面を下の方にスクロールしてください。

homepage12

(3)最後まで下の方にスクロールすると、以下の画面となりますので赤字の「薬局被害等調査・報告書」の項目をクリックしてください。

homepage13

(4)以下の画面で「災害時」立ち上がりますので、入力案内そって所定の項目を入力して、最後の送信ボタンをクリックすれば報告終了です。

※)この画面の前にログインを求められたときは、ユーザー名およびパスワード(忘れたときは申し訳ありませんが、事務局までお問い合わせください)を入力してください。

homepage14

homepage15

homepage16

(5)会ホームページからの報告は、パソコンだけでなくスマートフォン等でも可能です 。