令和2年2月9日に開催される第6回東海三県小児在宅医療研究会をお知らせします!

 三重県および三重大学医学部附属病院小児トータルケアセンターなどが主催する第6回東海三県小児在宅医療研究会を下記のとおりご案内します。参加費は無料ですが、事前申し込みが必要ですので、参加を希望される方は添付ファイルの参加申込書に記入の上、2020年1月31日(金)までに愛知県医療療育総合センター療育支援センター地域支援課(Fax:0568-88-0964)に送信してください。
       記
1.日時:2020年2月9日(日) 13時00分~17時15分(会場12:00)
2.会場:ウィンクあいち 大ホール(愛知県産業労働センター)
     〒450-0002愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
3.テーマ:小児在宅のこれから、新しい潮流
4.演題
  基調講演1:「小児在宅医療の10年、これからの歩むべき道」
  講師:前田 浩利(医療法人財団はるたか会 理事長)
  基調講演2:「拠点施設の役割と今後の課題」
  講師:吉田 太(愛知県医療療育総合センター 副総長兼中央病院長)
  シンポジウム:「小児在宅医療の新しい取り組み」
  東海三県からの発表
4.留意事項
  詳細は、愛知県医療療育総合センター 療育支援センター 地域支援課(TEL:0568-88-0811内線8105・8106)までお問い合わせいただくか、添付ファイルをご確認ください。

download 第6回東海三県小児在宅医療研究会