処方せんにより交付できる注射薬は,厚生労働大臣が定める注射薬に限定されています。以下にその注射薬を示しますが,在宅中心静脈栄養法用輸液や電解質製剤のように包括的な名称のものもあり、注射薬によっては判別しにくいものもあります。個別に確認したいときは、鈴鹿亀山薬剤師会事務局までご照会ください。ただし、明快に判断できない事例もありますのでご了承ください。

厚生労働大臣が定める保険医が投与可能な注射薬(処方せん交付可)-H30.5現在

No薬局で調剤できる注射薬製剤薬  効IVH等自己注射薬剤名例示
1インスリン製剤血糖降下剤ノボラピッド注
2性腺刺激ホルモン製剤性腺刺激剤フォリスチム注
3ヒト成長ホルモン剤ヒト成長ホルモンノルディトロピンS注
4遺伝子組換え活性型血液凝固第Ⅶ因子製剤血友病治療薬ノボセブン静注用シリンジ
5遺伝子組換え型血液凝固第Ⅷ因子製剤血友病治療薬ノボエイト静注用
6遺伝子組換え型血液凝固第Ⅸ因子製剤血友病治療薬リクスビス静注用
7乾燥濃縮人血液凝固第Ⅹ因子加活性化第Ⅶ因子製剤血友病治療薬
8乾燥人血液凝固第Ⅷ因子製剤血友病治療薬クロスエイトMC注射用
9乾燥人血液凝固第Ⅸ因子製剤血友病治療薬ノバクトM静注用
10顆粒球コロニー形成刺激因子製剤好中球減少病治療薬グランシリンジ
11性腺刺激ホルモン放出ホルモン剤性腺刺激剤ヒポクライン注射液
12ソマトスタチンアナログ先端巨大症/下垂体巨人症治療薬サンドスタチン皮下注用
13ゴナドトロピン放出ホルモン誘導体性腺刺激剤スプレキュア皮下注用
14グルカゴン製剤血糖上昇剤グルカゴンG・ノボ注射用
15グルカゴン様ペプチド-1受容体アゴニスト血糖降下剤ビクトーザ皮下注
16ヒトソマトメジンC製剤インスリン受容体異常症改善薬ソマゾン注射用
17インターフェロンアルファ製剤C型肝炎等スミフェロン注DS
18インターフェロンベータ製剤多発性硬化症フェロン注射用
19エタネルセプト製剤リウマチ治療薬エンブレル皮下注
20ペグビソマント製剤成長ホルモン受容体拮抗薬ソマバート皮下注
21スマトリプタン製剤片頭痛治療薬イミグランキット皮下注
22グリチルリチン酸モノアンモニウム・グリシン・L-システイン塩酸塩配合剤肝臓疾患治療薬強力ネオミノファーゲンシー静注
23アダリムマブ製剤リウマチ治療薬ヒュミラ皮下注
24テリパラチド製剤骨粗鬆症治療剤フォルテオ皮下注
25アドレナリン製剤アナフィラキシー症状対処薬エピペン注射液
26ヘパリンカルシウム製剤血栓性素因治療薬ヘパリンカルシウム皮下注「モチダ」
27アポモルヒネ塩酸塩製剤パーキンソン病治療薬アポカイン皮下注
28セルトリズマブぺゴル製剤リウマチ治療薬シムジア皮下注
29トシリズマブ製剤リウマチ治療薬アクテムラ皮下注
30メトレレプチン製剤脂肪萎縮症治療薬メトレレプチン皮下注
31アバタセプト製剤リウマチ治療薬オレンシア皮下注
32pH4処理酸性人免疫グロブリン(皮下注射)製剤無又は低γ-グロブリン血症ハイゼントラ20%皮下注
33アスホターゼアルファ剤低ホスファターゼ治療薬ストレンジック皮下注
34グラチラマー酢酸塩製剤多発性硬化症コパキソン皮下注シリンジ
35セクキヌマブ製剤乾癬治療薬コセンティクス皮下注ペン
36エボロクマブ製剤高コレステロール血症レパーサ皮下注ペン
37アリロクマブ製剤高コレステロール血症プラルエント皮下注ペン
38ブロダルマブ製剤乾癬治療薬ルミセフ皮下注シリンジ
39ベリムマブ製剤全身性エリテマトーデスベンリスタ皮下注シリンジ
40サリルマブ製剤リウマチ治療薬ケブザラ皮下注シリンジ
41イキセキズマブ製剤乾癬治療薬トルツ皮下注80mgオートインジェクター
42ゴリムマブ製剤関節リウマチシンポニー皮下注50mgシリンジ
43エミシズマブ(遺伝子組換え)ヘムライブラ皮下注30mg他
44ブプレノルフィン製剤注7)鎮痛剤レペタン注
45モルヒネ塩酸塩製剤注7)鎮痛剤(麻薬)塩酸モルヒネ注射液
46フェンタニルクエン酸塩製剤注7)鎮痛剤(麻薬)フェンタニル注射液
47複方オキシコドン製剤注7)鎮痛剤(麻薬)パビナール注
48フルルビプロフェンアキセチル製剤注7)鎮痛剤ロピオン静注
49オキシコドン塩酸塩製剤注7)鎮痛剤(麻薬)オキファスト注
50抗悪性腫瘍剤注8)
51プロスタグランジンⅠ2製剤注2)肺動脈性肺高血圧症トレプロスト注射液
52自己連続携行式腹膜灌流用灌流液注3)腹膜灌流ダイアニールPD-2
53人工腎臓用透析液注4)バイフィル透析液
54在宅中心静脈栄養法用輸液注6)中心静脈栄養補給エルネオパNF1号・2号輸液等
55ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム製剤ステロイド系消炎剤リンデロン注
56デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム製剤ステロイド系消炎剤デカドロン注射液
57プロトンポンプ阻害剤潰瘍治療薬タケプロン静注用
58H2遮断剤潰瘍治療薬ガスター注射液
59カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム製剤血管強化薬アドナ注
60トラネキサム酸製剤抗プラスミン薬トランサミン注
61メトクロプラミド製剤消化管機能異常プリンペラン注射液
62プロクロルペラジン製剤悪心,嘔吐の防止薬ノバミン筋注
63ブチルスコポラミン臭化物製剤鎮痙剤ブスコパン注射液
64脂肪乳剤栄養補給イントラリポス輸液
65エダラボン製剤注1)筋委縮性側索硬化症ラジカット点滴静注バッグ
66エリスロポエチン注5)人工透析患者用エスポー皮下用シリンジ
67ダルベポエチン注5)人工透析患者用ネスプ注射液プラシリンジ
68電解質製剤注9)電解質補給ソルデム3A,ビーフリード
69注射用抗菌薬注10)感染症治療薬ロセフィン点滴静脈注射用1gバッグ
70血液凝固阻止剤抗凝固作用ヘパリンナトリウム注
71生理食塩水
72注射用水

備考1 「自己注射」は,在宅C101 在宅自己注射指導管理料の対象注射薬(特掲診療科の施設基準等別表第九に掲げる注射薬)。製剤によっては,対象疾病等の制限があります。
備考2 「IVH等」は,C102在宅自己腹膜灌流指導管理料,C102-2在宅血液透析指導管理料,C104在宅中心静脈栄養法指導管理料,C108 在宅悪性腫瘍等患者指導管理料,108-2 在宅悪性腫瘍等患者共同指導管理料,C111在宅肺高血圧症患者指導管理料等の対象注射薬

注1) 筋委縮性側索硬化症患者に対して使用する場合に限る。
注2)「医科点数表C111在宅肺高血圧症患者指導管理料」の対象薬剤。
注3)「医科点数表C102在宅自己腹膜灌流指導管理料」の対象薬剤。
注4)「医科点数表C102-2在宅血液透析指導管理料」の対象薬剤。
注5) 在宅血液透析又は在宅腹膜灌流を行っている患者のうち腎性貧血状態にあるものに対して使用する場合に限る。

注6) 「医科点数表C104在宅中心静脈栄養法指導管理料」の対象薬剤。「在宅中心静脈栄養法用輸液」とは,高カロリー輸液をいい,高カロリー輸液以外にビタミン剤,高カロリー用微量元素製剤及び血液凝固阻止剤を投与することができる。なお,院外処方可能な注射薬のうち,処方医及び保険薬剤師の医学薬学的な判断に基づき適当と認められるものについて,在宅中心栄養法用輸液に添加して投与することは差し支えない。

注7)及び注8) 「医科点数表C108 在宅悪性腫瘍等患者指導管理料(在宅における鎮痛療法又は悪性腫瘍の化学療法*1))」の対象薬剤。
*1)「在宅における鎮痛療法*2)又は悪性腫瘍の化学療法*3)」とは,末期*4)の悪性腫瘍又は筋萎縮性側索硬化症若しくは筋ジストロフィーの患者であって,持続性の疼痛があり鎮痛剤の経口投与では疼痛が改善しないため注射による鎮痛剤注入が必要なもの又は注射による抗悪性腫瘍剤の注入が必要なものが,在宅において自ら実施する鎮痛療法又は化学療法をいう。
*2) 「鎮痛療法」とは,ブプレノルフィン製剤,モルヒネ塩酸塩製剤,フェンタニルクエン酸塩製剤,複方オキシコドン製剤,オキシコドン塩酸塩製剤又はフルルビプロフェンアキセチル製剤を注射又は携帯型ディスポーザブル注入ポンプ若しくは輸液ポンプを用いて注入する療法をいう。なお,モルヒネ塩酸塩製剤,フェンタニルクエン酸塩製剤,複方オキシコドン製剤又はオキシコドン塩酸塩製剤を使用できるのは,以下の条件を満たすバルーン式ディスポーザブルタイプの連続注入器等に必要に応じて生理食塩水等で希釈の上充填して交付した場合に限る。
ア 薬液が取り出せない構造であること
イ 患者等が注入速度を変えることができないものであること
*3)「化学療法」とは,携帯型ディスポーザブル注入ポンプ若しくは輸液ポンプを用いて中心静脈注射若しくは植込型カテーテルアクセスにより抗悪性腫瘍剤を注入する療法又はインターフェロンアルファ製剤を多発性骨髄腫,慢性骨髄性白血病,ヘアリー細胞白血病又は腎癌の患者に注射する療法をいう。
 外来と在宅において化学療法を行うものについては,主に在宅において化学療法を行う場合は在宅悪性腫瘍等患者指導管理料を算定し,主に外来で行う場合には在宅悪性腫瘍等患者指導管理料は算定せず,注射手技料及び基準を満たす場合には外来化学療法加算等を算定する。なお,外来で抗悪性腫瘍剤の注射を行い,注入ポンプなどを用いてその後も連続して自宅で抗悪性腫瘍剤の注入を行う等の治療法のみを行う場合は当該指導管理料の対象には該当しない。
*4) 対象となる患者が末期であるかどうかは在宅での療養を行っている患者の診療を担う保険医の判断によるものとする。なお,化学療法の適応については,末期でない悪性腫瘍の患者も末期の悪性腫瘍の患者に準じて取り扱う。

注9)「電解質製剤」とは,経口摂取不能又は不十分な場合の水分・電解質の補給・維持を目的とした注射薬(高カロリー輸液を除く。)をいい,電解質製剤以外に電解質補正製剤(電解質製剤に添加して投与する注射薬に限る。),ビタミン剤,高カロリー輸液用微量元素製剤及び血液凝固阻止剤を投与することができる。

注10)「注射用抗菌薬」とは,病原体に殺菌的又は静菌的に作用する注射薬をいう。
(薬剤に関する事務連絡)
(問)C200薬剤において,「厚生労働大臣の定める注射薬のうち,『注射用抗菌薬』とは,病原体に殺菌的又は静菌的作用する注射薬をいう。」とあるが,抗真菌薬と抗インフルエンザ薬についても該当するか。
(答)該当する。        (平26.4.10 医療課事務連絡)

HOMEへ戻る