平素より当会運営につきましては、ご理解とご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 平成から令和へ時代が変わり、薬機法改正により「薬剤師・薬局の在り方の見直し」が検討され、薬局を取り巻く環境が大きく変化しようとしています。地域連携薬局・専門医療機関連携薬局・それ以外の薬局と3つに区分される認定制度が導入されることが明記され、薬剤師は対物から対人へ、今まで以上に患者に寄り添い、患者の服薬中のフォローアップを行う責任を担うことになります。地域包括支援システムの中では、医師や他職種の専門職の方々との連携が今まで以上に重要となり、より一層その機能を発揮することができるよう、薬剤師会として研修等で支援して参ります。
 また、会員の皆様と一緒に、安心・安全な医療を提供し、地域住民の健康・保健衛生の維持向上に寄与するよう精一杯努めて参りたいと存じます。
 今後とも、ご支援とご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                        一般社団法人鈴鹿亀山薬剤師会
                           会長 松浦 惠子           

HOMEへ戻る