平素は当会業務に格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 鈴鹿亀山薬剤師会(以下、「本会」)では、鈴鹿中央総合病院が発行する処方箋を患者様が希望する薬局に電話回線(ISDN)を利用してファクシミリで送信しています。しかし、近年、技術革新によりインターネット回線やひかり電話による送信が可能となりましたので、本会は、鈴鹿中央総合病院が発行する処方箋をインターネット回線やひかり電話による送信に変更することとしました。
 ただ、インターネット回線による送信には専用の機器とソフトが必要なため、本会は、既にシステムを導入している薬剤師会の実態を踏まえ、同一事業者である株式会社くすりの窓口と業務提携を行いました。そして、株式会社くすりの窓口の「くすりの窓口Fromメディカル」のサービスに加入している薬局にはデータ送信し、同サービスに加入していない薬局にはひかり電話によりファクシミリで送信させていただくこととしました。また、各薬局に請求させていただくファックスカウンター利用料は、いずれの送信方法でも従来どおりの102円(/1回送信当たり)とさせていただきます。また、送信方法の違いにより患者様へのサービス等に差はございません。

 最後になりますが、本会の処方箋の光通信を利用したファクシミリ送信及びメール送信への変更のタイムスケジュールは以下とおりを目途としていますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

鈴鹿亀山薬剤師会Fax カウンターの機器の更新及び通信方法の変更スケジュール

令和6 年1 月30 日・・・ファックス専用機1 台を複合機に変更する。
令和6 年2 月10 日・・・インターネット回線及びひかり電話新設工事
令和6 年3 月上旬 ・・・「くすりの窓口f rom メディカル」の機器導入
令和6 年3 月上旬~ ・・機器の整備状況(ファックス専用機 1台・複合機 1台・くすりの窓口from メディカルの機器 1機)
令和6 年3 月上旬~令和6 年3 月31 日・・・送信方法機器移行期間(電話回線送信⇒インターネット回線送信、ISDN ・ひかり電話⇒くすりの窓口from メディカル)及び職員機器習熟期間(ワンタッチボタン送信⇒タッチパネル送信)
令和6 年4 月 ・・・運用開始予定(複合機 1台・くすりの窓口from メディカルの機器 2機)

鈴鹿亀山薬剤師会Fax カウンターの機器更新新旧比較表

Faxhikaku01_20240208

HOMEへ戻る